予防

なるべく長くご自分の歯で食べていただくために

「詰め物がとれた。」「歯が痛い。」「歯ぐきが腫れた。」
そんな症状のある時だけしか歯科にはいかない…という方が多いのは現実です。
しかし、日頃のメンテナンスを怠り、むし歯や歯周病などが進んでしまうと治療が大変になり、
最悪、抜歯をしなくてはならなかったりして、その分、治療日数も費用もかかることが多くなります。

当医院では、このような不幸な末路をたどる歯を減らして、なるべく長くご自分の歯で食べていた
だきたいと考えております。そのために予防システムをご用意しております。

予防製品のご紹介

【歯周病予防】ぺリオバスター(ジェル・スプレー)

天然成分で作られた歯みがき・口臭予防剤です。
化学薬品を使用していないのでとても安全で、使ったその時から、お口の中のすっきりツルツル感が味わえます!

【むし歯・歯周病予防】ポイントブラシ

一番後ろまで届きやすいつくりになっています。まさに、かゆい所に手が届く感覚!
※歯ブラシの毛の硬さは、歯ぐきの状況に合わせて使い分ける必要があります。
歯ブラシだけでしっかり掃除するのは困難なので、補助ブラシを使いましょう。

PMTC

歯ブラシだけではとれない歯の表面(特に歯ぐきの中の歯面)の汚れ(バイ菌のかたまり)を、各患者様ごとに専用のブラシやチップを用いて、徹底的にお掃除をする方法です。定期的にPMTCをすると歯の表面がツルツルになり、細菌の巣であるバイオフィルムを根こそぎ退治します。

→PMTC前後の画像はこちら

◆PMTCを受けられた方の感想
今まで何を食べても口の中がすっきりせずハミガキをしてもモヤモヤしてましたがキレイにしていただいて口の中だけでなく頭がスカッとしました。
ご飯を食べるのがもったいないなぁ・・・と思います。
またお願いしようと思います。
私の気分がいいのでお腹の赤ちゃんもよく動いてました。

審美

いつまでも白くつややかな歯を

白くつややかな歯はとてもきれいなものですが、残念ながら嗜好品や加齢により歯には色がついてきます。
またかぶせものの歯は、劣化して色が黄色く、時には茶色くなることもあります。

当医院では、誰もが憧れる白い歯を長く保つための対処法をご用意しております。

審美の種類のご紹介

ホームホワイトニングについて

歯の表面についた汚れはクリーニングできれいにできますが、染み込んでしまった色は、薬品で取り除かなければいけません。これがホワイトニングです。
◆メリット>ご自宅で行っていただくホームホワイトニングは、ご自分の良い時間帯で行うことができますので、手軽にホワイトニングが楽しめます。
◆注意点>ただし、実施期間中は、嗜好品によっては摂取禁止のものもあります。

ホームホワイトニングの方法について

1>型をとり、歯に合ったトレーを作ります。PMTCで歯の表面をクリーニングし漂白薬が浸透しやすい表面を作ります。
2>ご家庭でホワイトニングの薬剤をトレーに入れ、歯に作用させます。
3>ホワイトニング終了後、歯ブラシで薬剤を落とします。
トレーはよく洗い、保管してください。

ハイブリッド

セラミックと樹脂の混合されたものを使います。
◆メリット>硬すぎず保険の樹脂よりは強度があるため、奥歯にも使えます。
◆注意点>長い目で見ると変色があります。

オールセラミック

◆メリット>透明度が高く、変色も起きにくい。
金属を使わずセラミックのみで歯をお作りするため、金属アレルギーの方にも安心です。
また、プラークも付きにくく、清掃が楽です。
◆注意点>陶器でできているため、衝撃に弱く、食べ物には注意が必要なことがあります。

ラミネートベニア

◆メリット>歯の表面をのみを削って貼り付けるので、歯質が保存できます。
◆注意点>陶器でできているため、衝撃に弱く、食べ物には注意が必要なことがあります。

診療時間表

診療時間
日・祝
9:00~12:00×
14:00~18:00~18:30~18:30××
※昼休み:12:00~14:00 | 休診日:日曜・祝祭日

一般歯科
小児歯科
予防
審美
訪問診療
患者様の声